MENU

ノンシリコンシャンプーは価格と洗浄成分を見極めよう

抜け毛が進行し、年々髪のボリュームがなくなってきたと感じる方も多いものです。そんな髪の悩みをカムフラージュするため、ツヤや指通りにこだわり、髪1本1本をコーティングしてくれるようなシリコンシャンプーを愛用しているという方も多いことでしょう。しかしながら、シリコンは頭皮環境を悪化させる可能性のある成分で、特にシリコンに配合されている硫酸系の洗浄成分は毛穴や毛根に大きなダメージを与えかねないのです。

 

だからこそ、シャンプーを選ぶ際には成分をよく確認して頂きたいものです。実はシャンプーの価格は、配合されている洗浄成分によって決まるとされています。特に硫酸系の洗浄成分はほとんどタダ同然で生産できるものが多く、たとえノンシリコンと記載されているシャンプーであっても安価なものは、実はシリコン以外の硫酸系洗浄成分が多く配合されているものなのです。

 

長期間シリコンシャンプーを使い続けた後でノンシリコンシャンプーに切り替えた場合、髪のきしみを感じる人もいるようですが、これは髪表面をコーティングしていたシリコンが剥がれ出し、髪が本来の姿に戻りつつある状態でもあるのです。もしもノンシリコンシャンプーの使い始めにそのような髪のきしみを感じる方は、まずシャンプーだけをノンシリコンにして、コンディショナーはシリコン入りのもので当面様子を見ていく、ということでも構いません。シャンプーをノンシリコンに切り替えるだけでも、シリコンの弊害を少なく出来るからです。さらにアミノ酸系洗浄成分配合のものなどを選べば、なおのこと頭皮環境の改善に役立つはずです。

育毛シャンプーZio


育毛シャンプーZioの詳細・購入へ

関連ページ

男性におすすめ